七五三写真撮影の費用・相場はどれくらい?内訳や総額、費用を抑えるコツも解説

七五三2023.09.01

七五三写真撮影の費用・相場はどれくらい?内訳や総額、費用を抑えるコツも解説

七五三写真撮影の費用・相場はどれくらい?内訳や総額、費用を抑えるコツも解説
「七五三写真の費用・相場はどれくらいなのだろうか」「少しでも費用を抑えるコツを知りたい」など、七五三のお金事情について気になっている方はいらっしゃいませんか?
七五三の相場は、撮影場所や時期、衣装などによって異なるものの、ある程度の費用感は把握しておきたいと考える方も多いと思います。
そこで、今回は七五三の写真撮影の費用・相場や衣装や初穂料などにかかるお金のほか、費用を抑えるコツをご紹介します。


▼七五三の撮影ならハピスタ
https://happy-photo-studio.jp/

七五三写真撮影の費用・相場は?トータルでいくらかかる?

七五三の写真撮影を検討している方にとって、気になるのが総額でいくらかかるのか、といった点ではないでしょうか。まずは、写真撮影の費用・相場について詳しく解説します。

七五三記念撮影の費用はどのくらい?
七五三の写真撮影の費用相場は3万円程度です。複数のカットが欲しい、アルバムや写真データが欲しいなど、ある程度希望を叶えようとすると、上記の金額になることが多い傾向にあります。
さらに、七五三撮影で衣装にこだわったり、サービスの範囲が広い撮影プランを選んだりすることで、5万円以上に及ぶことも少なくありません。こだわるほどに七五三の撮影費用は高くなりやすいので、予算と照らし合わせながら検討しましょう。
とはいえ、なるべく安価なプランを選んだり、衣装や写真データの購入などを最小限に抑えることで、3万円以下に抑えられる場合もあります。

七五三費用の総額と内訳は?
七五三費用は、撮影費用のほかにもいろいろな場面で費用がかかります。
七五三は、一般的に神社もしくはお寺への参拝を行い、写真撮影や食事会などへと進むことが多いです。神社やお寺へのご祈祷は、5,000円程度が相場。食事会は1人あたり1,000〜5,000円です。撮影費用が上記で触れた通り3万円~であることをふまえると、家族4人で七五三を楽しむ場合は、4万円~6万円はかかることが予想されます。

七五三写真撮影・アルバムの費用・相場

七五三の写真撮影やアルバムの費用・相場は、地元写真館、大手フォトスタジオ、一軒家貸切型フォトスタジオ、出張カメラマンなど依頼先によって大きく異なります。また、当日にどのような準備が必要となるのかといった点でも実際にかかる金額が左右されるもの。あらかじめ予算を確定したうえで、依頼先の費用とのバランスを見ることが大切です。

1.衣装代
七五三の写真撮影で、まずかかるのが衣装代です。七五三では和装での撮影が一般的であり、手配の方法としては、購入もしくはレンタルの2通りがあります。
購入する場合は、安価な衣装であれば1万円~、高額なものでは数十万円にも及びます。購入する場合の衣装の金額に差がある理由は、衣装に用いられている素材や、ブランドが関係しています。素材にこだわった衣装や、有名ブランドの衣装は比較的高額になりやすいので注意してください。
なお、衣装をレンタルする場合の費用は、購入するよりも安価に抑えられる場合が多く、相場は1~3万円です。そのうえ、大手フォトスタジオであれば、衣装代がプラン内に含まれていることが多く、無料で選べるケースがほとんど。
人生で一度しか着用しない衣装に高額なお金をかけるのはもったいない……とお考えの方であれば、レンタルでの手配がおすすめです。

2.着付け・ヘアセットの費用

七五三当日の衣装が和装であれば、着付けやヘアセットなどの費用が必要となります。各費用は依頼先によって大きく異なるので、あらかじめお問い合わせなどで確認しておくと安心です。
なるべく節約したいと考えている方は、大手スタジオの利用をおすすめします。プラン内に着付けやヘアセットなどがサービスとして含まれていることが多いので、コストを抑えやすいでしょう。ただし、衣装を持ち込む場合は、大手スタジオでも着付けに対応していない場合があります。スタジオとは関係のない店舗で着物を購入した場合は、着付けをしてもらえるか(プラン内で対応してもらえるか)を確認しておきましょう。

3.撮影費用
七五三にかかる撮影費用は、依頼先で大きく異なります。スタジオ撮影や出張カメラマン、街の写真館などで撮影費用に差があるので、それぞれの費用を照らし合わせたうえで検討しましょう。
なお、依頼先ごとの費用相場は以下を参考にしてみてください。

4.アルバム・プリント代

七五三撮影では、アルバム代やプリント代などが発生します。アルバム代は、カバーの素材や写真の枚数、レイアウト、デザインの種類などで費用にばらつきがあります。プリント代は、アルバムとは別に写真をプリントアウトして受け取れるのが特徴で、「祖父母にプレゼントしたい」などの理由で個別に確保しておきたいときに便利です。
他にも、おしゃれな額縁に写真を保管できるフォトフレームのほか、データでの購入ができる場合も多いです。
費用相場は、それぞれ1.5万~6万円と幅が広い傾向にあるので、予算に無理のない範囲で欲しい商品をチェックしましょう。


▼七五三の撮影ならハピスタ
https://happy-photo-studio.jp/


ご祈祷をする際の費用・相場

七五三で神社・お寺でご祈祷を検討している場合には、その際にかかる費用についても把握しておく必要があります。ご祈祷が初めての方へ向けて、どれくらいの費用がかかるのか、どのような服装で参拝するべきなのかなどについて解説します。

初穂料・ご祈祷料
七五三の参拝で、ご祈祷を受ける際は参拝先にご祈祷料として、お金を納める必要があります。費用の相場は、5,000円~1万円ですが、お寺によってはホームページなどで具体的な金額を提示していることもあるのでチェックしてみましょう。ちなみに、神社の場合は「初穂料」と呼ばれますが、費用相場は神社と同額です。
初穂料・ご祈祷料に不安がある方は、一度電話などで問い合わせて金額を確認してみるのも良いでしょう。

参拝時の服装
神社やお寺での参拝では、服装のマナーがあります。まず、子ども本人はもちろんのこと、ママやパパ、兄弟姉妹、祖父母などの同行者もフォーマルな服装が望ましいとされています。
子どもの衣装は和装が基本。ママやパパは子どもより格下の和装、もしくはスーツなどの洋装で参拝することもできます。
ママ・パパが和装をレンタルする場合は、費用相場は1万~2万円です。洋装の手配についても、購入よりもレンタルのほうが安価なことが多いので、家族や同行者の衣装を揃える際には検討してみてはいかがでしょうか。

七五三 食事会の費用・相場

七五三は特別なお祝いの日でもあるため、普段よりも手間やお金をかけた食事を楽しむことが多いです。外食派とお家派に分かれることが多く、誰を招待するのか、本人や兄弟姉妹が何歳なのか(幼い子どもは外食が難しい場合があるため)で判断する必要があります。
外食とお家では費用に違いがあるだけでなく、何人を招待するのか、お酒を出すか否かなどでもさらに費用はさまざまです。
それぞれ、どの程度の予算をイメージしておけばいいのか、以下で解説します。

外食
七五三のお祝いとして外食をする場合、和食のお店が選ばれる傾向にありますが、子どもの希望に沿って洋食やファミリーレストランなどを利用する場合もあります。どのようなお店で食事をするのかで費用が異なるので、あらかじめ飲食店のホームページなどでメニューやコース料金を確認しておくと安心です。
格式が高いお店の場合は、七五三専用のコースを提供していることもあり、お祝いにふさわしい華やかな料理を楽しめることもあるので、ぜひチェックしてみてください。
ちなみに、外食の場合の費用目安は、大人1人あたり4,000~5,000円、子ども1人あたり1,000~2,000円です。

お家で食事会
子どもが幼い場合や、高齢などにより移動が難しい祖父母を招く際には、お家での食事会がおすすめです。一口に「お家で食事会」といっても、手作りするのか、デリバリーや仕出し料理を注文するのかなど、さまざまなスタイルで楽しむことができます。
どのようなサービスを利用するのか、といった点については、主役である子どもの希望を聞いてみたり、招待する人の食の好みなどを反映させたりすると良いでしょう。
ちなみに、仕出し料理やデリバリーを利用する場合は、大人が1人あたり2,000~3,000円、子どもが1人あたり1,000~2,000円が相場です。

七五三でかかるその他の費用・相場

七五三では、ここまでに触れた費用のほかにも、お金が発生する場合があります。
具体的には「着物のシミ抜き」や「内祝い」「クリーニング代」などが発生することがあるのです。それぞれの費用相場について、詳しく解説していきます

着物のお直し・シミ抜き
兄や姉などのおさがりの着物を使う場合や、中古品を利用する際などは、着物のメンテナンスが必要となります。着用する本人の背丈にあわせてお直しを行ったり、状態が悪いときにはシミ抜きを依頼したりする必要があるのです。
お直しの費用相場は5,000~8,000円が相場ですが、着物の状態によってはさらに高額となることも考えられます。また、シミ抜きに関しては、1箇所あたり1,500円~が費用相場です。着物を自前で準備する場合は、上記の金額もふまえたうえでレンタルすべきか購入すべきかといった点も検討してみてください。

内祝い
七五三では、「内祝い」として贈り物をしたり、招待客の交通費・宿泊費用を負担する家庭が多いです。費用相場は、いただいた金額の3分の1~半額相当のものであることが多く、金額にすると3,000~5,000円となることがほとんどです。
七五三の内祝いは、お祝いのお返しや感謝の気持ちを伝えるためといった意味合いがあり、お祝いを受け取っておきながら内祝いを贈らないのはマナー違反と捉えられてしまいます。
七五三を控えているときには、内祝いの支出もきちんと覚えておくことが大切です。

クリーニング代
自前の衣装に限らず、レンタルする場合であってもクリーニング費用が発生することがあります。レンタルの場合、返却の際にクリーニングを求めていることがあるので、思わぬ支出に困惑しないようにきちんと確認しておきましょう。
なお、クリーニングの費用相場は、子ども用の着物が3,000〜5,000円程度(丸洗い)、大人の着物が1万~2万円程度(丸洗い)です。

七五三写真撮影の費用を抑えるコツ


七五三では、いろいろなシーンでお金がかかるため、トータルすると想像していたよりも高いと感じることがあるかもしれません。とくに、写真撮影の費用は高額になりやすいのが事実。そのため、七五三撮影で節約できる部分についてきちんと覚えておき、金銭的に無理のない範囲で撮影を楽しめるように準備をすることが大切です。
ここからは、七五三の写真撮影で費用を抑えるためのコツをご紹介します。

オフシーズンを利用する
七五三の写真撮影費用を抑えるコツとして、まず挙げられるのが「オフシーズンを利用すること」です。七五三における撮影費用は、実は年間を通して変動します。最も撮影費用が高いのが10~11月のいわゆる七五三シーズンです。一方、七五三の撮影費用が安価なのは、冬~夏のオフシーズンです。
オフシーズンなら、割引きプランやキャンペーンなどが提供されていることもあるので、撮影時期選びは慎重に行いましょう。

セットプランを利用する
七五三の撮影費用をお得に済ませるコツの一つに、セットプランの利用が挙げられます。撮影のセットプランとは、写真の枚数やアルバムなどの基本的な商品がすでに決まっているプランです。個別で依頼したり、購入したりするよりも、リーズナブルな傾向にあります。
また、基本的なサービスや商品がセットになったプランなので、「あれもこれもとメニューや商品を追加しているうちに予算オーバーになってしまう」といった事態を避けやすくなるのがメリットです。

フォトスタジオを比較する
なるべく七五三の写真撮影費用の負担を軽くしたいときには、複数のフォトスタジオの費用や、費用に含まれるサービス内容を比較してみましょう。複数のフォトスタジオを比較することで、安価なスタジオを見つけやすくなり、お得に撮影を楽しみやすくなります。
また、フォトスタジオによっては、撮影だけではなく、衣装代や着付け、ヘアメイクなどもプランに含まれていることがあり、よりお得に利用しやすいのが魅力です。

まとめ:七五三にかかる費用はさまざま お得なプランを活用しよう

七五三にかかる費用は、撮影や祈祷、食事会はもちろんのこと、他にもさまざまなシーンでお金が発生します。そのため、どのようなときにどれくらいの費用がかかるのかをきちんと把握しておくことが大切です。
なるべく費用を抑えたい方は、スタジオなどが提供しているお得なプランを活用することもおすすめ。ぜひ、納得のできる費用感で素敵な七五三を楽しんでください。

ハピスタでは、七五三の撮影サービスを提供しています。撮影の基本料金は1万円(税抜)で、撮影カット数は100カット。データの購入も可能です。
バリエーション豊富なスタジオ撮影が楽しめるうえに、背景の制限はなし。全スタジオを心行くまで楽しんでいただけます。
撮影するフォトグラファーやヘアメイク担当者は、子どもの対応に慣れた専門スタッフのみなので、安心して七五三の撮影を楽しんでいただけます。
現在、ハピスタは全国8店舗展開していますので、ぜひお近くのスタジオまでお気軽にご相談ください。


▼七五三の撮影ならハピスタ
https://happy-photo-studio.jp/